AGS東京大学学生コミュニティSUS+

“A platform for future collaborations”

~サステイナビリティを追求していくための国際的・学際的な交流と成長の基盤~

SUS+は、気候変動、水環境、エネルギー、サステナビリティ教育といったテーマ別のワーキンググループにより構成されており、勉強会、フィールドトリップなどの定期的な活動や、イベントキャンペーンなどを企画するプロジェクトチーム、国際会議への派遣など、様々な活動を行っています。



sus+の体制


SUS+の正式名称はAGS UTSC(Alliance for Global Sustainability the University of Tokyo Student Community )で、国際大学間連携AGSに 参加する東京大学の学生コミュニティーです。AGSは1994年に開始さ れ、

①研究
②将来の世界を担う若者の教育
③AGSの成果の社会 への展開(アウトリーチ)

を目標に継続的な活動を行っています。 SUS+内では有志が各ワーキンググループ(WG)や、国際会議開催など短期的なプロジェクト、全体運営や活動支援等を行う運営委員(EB)に分かれ、活動を行っています。

WGは社会の持続に影響力のある要素ごとに組織されており、エネルギー(g-Enesys)、水(WWG)、気候変動(CCWG)、教育(SUS-edu)、が組織されています。
EBは、活動が広範なSUS+の中心に位置し、各WGの活動をサポートし、他団体との協働、広報活動を行い、SUS+の運営を担当しています。