運営に関して

AGS東京大学学生コミュニティSUS+グループ

AGS UTSCは、気候変動、水環境、サステナビリティ教育といったテーマ別の、勉強会などを行うワーキンググループによる活動や、イベントキャンペーンなどを 企画するプロジェクトチーム、それらの活動を支えるバックオフィスである運営委員会により、様々な活動を行っています。

more detail>>

国際コミュニティ

AGS UTSCは、様々な国際ネットワークがあります。 WSC SDはAGS の活動に触発された学生によって2003年に結成された国際的な学生ネットワークです。 東京大学、マサチューセッツ大学、チャルマーズ工科大学、スイス連邦工科大学、 スイス連邦工科大学ローザンヌ、サンクトペテルブルグ大学、レジャイナ大学の7大学の学生組織から 構成されています。上記の大学以外にも世界中の学生が集まって” Sustainability Development”に関わる 活動をしています。その成果は、年次総会にて報告され、さらに活動が展開されていきます。

more detail>>

大学間国際学術協力

AGS UT SC は、AGS UTを後援とした学生団体で、AGSの活動に付随して、国際ネットワークのもと、活動しています。  AGSとは、東京大学・マサチューセッツ工科大学・チャルマーズ大学の3大学からなる国際的研究機構。グルーバルナ環境問題の科学的理解、社会に役立つ科学技術や政策ツールの開発、持続可能的開発に取り組む次世代のリーダーの教育を目的に活動している組織です。

more detail>>